スポンサーリンク

病気平癒で有名な【五條天神社(東京上野)】でお守りを授かる/上野駅からのアクセスも紹介

五條天神社の病気平癒のお守りトラベル
こじゅも
こじゅも

こんにちは。こじゅもです。

今回は、家族のために病気平癒のお守りを求めて、上野公園にある五條天神社にお参りしてきました。

上野公園で少し迷ったので、アクセスや事前に知ってたら良かったなと思ったちょっとしたポイントを残します。

この記事は…

・都内近郊で有名な病気平癒の神社、お守りを探している

方へ、上野公園に位置するの五條天神社へ行ってきたレポをアクセスを含めご紹介します

五條天神社(ごじょうてんじんじゃ)とは

五條天神社の案内板

病気の家族へ「お守りを送りたい」と考えて、都内で病気平癒にご利益のある神社を探したところ、たどり着いた五條天神社。

主として祀られる神(主祭神)は、薬師の祖神(神となった祖先)と言われる

大己貴命(おおなむぢのみこと)
少彦名命(すくなひこなのみこと)

をお祀りしている神社とのこと。

神社については詳しくないので、こちらの記事で、神社文化研究家の方が「都内で病気平癒・健康祈願の神社といえばこちら(五條天神社)」と言われていたのを参考にしました

五條天神社へのアクセス

五條天神社の場所は上野です。

JR/東京メトロ日比谷線・銀座線「上野駅」
京成線「京成上野駅」

からアクセスできます。

上野公園の敷地内にあるのですが、今回はJR上野公園(公園口)から向かったので、そちらからのアクセスを残します。

改札を出てから6分ほどで到着しました。
他の改札からもさほど時間は変わらないと思います。

▶︎JR上野駅(公園口)の改札をでます。
(写真は改札を出てから撮ったものです)

JR上野駅公園口改札

▶︎改札を出ると広大な上野公園が広がります。

上野公園

真っ直ぐ見ると「上野動物園」の看板が小さく見えます。

改札を出てからは、右に「国立西洋美術館」、左に「東京文化会館」をみながら、真っ直ぐに「上野動物園」に向かって歩きます。

▶︎真っ直ぐ歩くと、上野動物園の表門がある広場に行き当たります。
後で調べると「竹の台広場」という名称でした。

上野動物園前の道

上野動物園の表門を前に見て、左の道↑に入っていきます。

▶︎さらに道なり歩くと、左に五條天神社の鳥居が見えてきます。

五條天神社の正面鳥居

ちなみに、五條天神社のすぐ隣には縁結びのご利益のある「花園稲荷神社」があるので門柱には二つの名称が書かれています。

縁結びのお参りはまたの機会にして、五條天神社を目指します。

▶︎鳥居をくぐると、神秘的な赤い(朱色)の鳥居が並びます。

五條天神社の赤い鳥居

後で気になって、赤い(朱色)の鳥居の意味を調べてみると…

赤い(朱色)鳥居の意味は、魔除けや神様の領域と俗世の領域を区別する結界の役割、また外国から伝わった仏教と日本古来の神道との融合「神仏習合」という意味もあるそうです。

▶︎階段を降りながら鳥居をくぐり抜けていくと、右に花園稲荷神社をすぎて五條天神社が見えてきます。

五條天神社

▶︎平日の午後にお参りに行きましたが、思ったより参拝者も多くなく静かにお参りできました。

五條天神社正面

五條天神社のお守り

神社の前に位置する社務所でお守り(800円)も授かりました。

五條天神社の病気平癒のお守り

住所東京都台東区上野公園4-17
電話03-3821-4306
参拝時間6:00〜17:00
社務所9:00〜17:00
こじゅも
こじゅも

上野の五條天神社のご利益やアクセスについてまとめました。
わたしたちの身近にある神社、今回ちょっとしたことを調べながら書きましたが、奥が深いなと思いました。

病気平癒のお参りやお守りが欲しいとを考えている方の参考になればうれしいです。